保育所にお迎えに行った時のこと。

お迎えを待っている子供たちは、先生の巨大ハラペコあおむしの絵本の読み聞かせをみんな楽しそうに見ていました。

としたろうもこの絵本が大好きで、大好き過ぎて、先生の真ん前に陣取って、時には絵本を奪いそうな勢いだったので、早々に帰り支度を済ませ、としたろうを捕獲。

このまま、すんなり帰りそうになかったので、お断りして、最後まで見せてもらいました。

最初は私の膝の上で大人しく見ていたとしたろう。

ついにそのページが開かれたところ…

e0375854_21550301.png

蝶々のページが死ぬほど好きなんです(笑)

前のめりになって、ハイハイで先生に突進して行きそうなのを、必死で食い止めるアタシ(笑)

小さいバージョンの絵本もあるのですが、蝶々のページを、良くパタパタさせて、飛んでいるかのように見ては「あっあっ!!」と大きな声を出します。

としたろうが生まれる前から、ハラペコあおむしの存在は知っていましたが、家には特に買うタイミングもなく、意識もしていませんでしたが、としたろうが保育所でハラペコあおむしと出会って、大喜びで見ているのを知り、大好きだってことを知りました。

こんなに好きなら…買ってあげようかな?と思いましたが、あえて、「保育所に行くと見られる絵本」として、特別な絵本としておくために、買わないことにしました。

としたろうに、いろんな絵本の読み聞かせを家でもやってみるのですが、絵本自体は大好きですが、絵本を奪って自分でどんどんページをめくってしまい、私が指さして「飛行機だね!」とかしても、指さしてる上にページを乗っけてきたりして、全然見てくれなくって…(;´Д`)
どうしたものかと、今の悩みでもあります( ̄▽ ̄;)

言葉に読み聞かせがいいとは、重々わかっているのですが〜💧凹みます…



[PR]
# by mimoritti | 2017-04-28 21:46 | Comments(2)

お馬さんごっこ♪

としたろうとの触れ合い☆

最近、お馬さんごっこを始めました(^v^)

今までは、私が四つん這いになっても、怖いのか、背中には乗らず、私の腰あたりを掴んで、私のふくらはぎの上に乗っかって、そのまま私が歩くという「乗り物系」を楽しんでいたとしたろう。

最近は、私が床に丸まって突っ伏していると、服をたくしあげ(手綱の代わり?)それを握って私の背中に乗りました(*^^*)

そのまま私が四つん這いの状態まで体を起こすと、最初はバランスを崩しておっこっちゃったり…

そのうちコツを得て、部屋の隅から隅までハイハイしても、ちゃんと乗っかって、キャッキャ♪

周りに危ないものがないか確認して、わざと体を揺すってみたり…(笑)

とても楽しそうで、もっとやれと言わんばかり、私が正座をしてると、後ろから頭を押してきて、「スタンバイして!!」的な事をしてきます😅

こうゆうのって、普通お父さんの役目のような…(笑)

としたろうとの触れ合いは、超体力勝負なのであります( ̄▽ ̄;)

その甲斐あってか、妊娠前の体重より5㌔減りました…(((°◇°)))

e0375854_22484070.png

e0375854_22494619.png


[PR]
# by mimoritti | 2017-04-27 22:22 | Comments(4)

お腹いっぱいのサイン?

ここんとこ、としたろうの食事の量って、こんなにあげていいのかな?って思うほど、良く食べます…

2歳2ヶ月ですが、体格は3歳児と一緒なので、そのくらいの量でいいのかな?とも思うのですが…

良く、義母なんかは「私の食べる量より多いわ!」(義母ダイエット中につき食事少なめですが)とびっくりします(笑)

ある時の献立…
☆マーボー豆腐&ナス
☆コロッケ
☆ご飯
☆バナナ1本、キューウイ半分、トマト1/4
☆ヤクルト

果物が特に好きで、フォークで自分で上手に刺してたべて、ご飯もすくって口いっぱいに頬張ります(*^^*)

でも、だんだんお腹がいっぱいになってくると、最近はご飯とかをモグモグせずに、ひたすら口の中にとどめます💧

口が動いてないので、飲み込んだかな?と、次のおかずを口にアーンすると、口の中がお米でいっぱいに(;´Д`)

「モグモグゴックンして!!」と言っても「あーー」と言いながら飲み込もうとしません…

こんな状態になると、もうごちそうさま!!食事が終わります(笑)

さすがにご飯も子供用お茶碗1杯たべて、バナナ1本はあげすぎかな〜と思いますが、カットしたバナナを、飲み込む前に、次から次へと口いっぱいに頬うばる顔がなんとも好きです(*^^*)

e0375854_14365376.png

かく言う私も子供の頃、バナナ好きで、幼稚園後にお友達のおうちに遊びにいった時、モンキーバナナをひと房食べたとのエピソードが(((°◇°)))さすがに母はお友達のお母さんからイヤミを言われたそうです💧(ひと房はやりすぎだよな…)



[PR]
# by mimoritti | 2017-04-25 12:31 | Comments(4)

e0375854_21482940.jpg

保育所のおやつにポップコーンが出る時、としたろうはお代わりをするくらい好きだそうで、最近、休日のおやつに、甘いポップコーンをあげるようになりました(*^^*)

これまではたまごボーロがダントツのおやつでしたが、一位の座を奪われました(笑)

私も元々大好きなお菓子で、としたろうと二人で食べてます♥

今日は、夢中で食べてるとしたろうに向かって「母ちゃんも食べたい!チョーダイ!アーン♥」と口を開けて見たら、一つ口に入れてくれました(♡´▽`♡)

「美味しい〜♪ありがとう♥」と言ったら、お決まりのおいしいポーズをしてくれました!ホッぺポンポン♪

なんか…バカップルみたいですね(笑)

としたろうとおやつデートの模様でした(( *ˊᗜˋ* )ゞ
e0375854_22041269.png

[PR]
# by mimoritti | 2017-04-23 21:30 | Comments(4)

としたろうとお買い物に行く時は、いつも抱っこ紐か、スーパーの子供用カートに乗せて、お買い物をしていました。とはいえ、としたろうはスーパーやショッピングが好きではないようで、いつも途中で泣き出したり……>_<…

良くないんでしょうが、としたろうと一緒にお買い物を避けていました…m(_ _)m行く時は保育所に預けている間にとか、休日は旦那さんとお留守番させてとか。あと、義母のお家に預けて旦那さんと二人で、ということが多かったです。

今、義母がオーストラリアに住む娘さん家族のところに行っている為、旦那と二人でというわけにもいかず、としたろうも一緒に連れて行きました。

抱っこ紐もとしたろうのビックボデーにはもう規格外だ
し、何しろ、私の肩が悲鳴をあげますので、思い切って、スーパーのカートにも乗せず、歩かせてみようと思い立ちました!!

車から降りると、駐車場を走り回りそうな勢いでしたが、「コッチコッチ!!」と、体の方向を向けて背中をポンポンすると、割と素直に歩き出し、スーパーの中へ。

スーパーの中も走り回りそうでしたが、手をしっかり掴んで、背中をポンポンコッチコッチ作戦で誘導しながら、なんとか買い出し終了。

でもレジ待ちはできず、もっとスーパーの中を走り回りたかったのか、先に車に戻ろうとしても、抵抗して、ワーンと床にごろりん💧

e0375854_23341037.png

強制抱っこして表に出て、「車に行くよ、乗るよ!」とコッチコッチ作戦したら、またあっさり、車に向かうとしたろう。

としたろうとは、ほとんど支持が通らない事が悩みの種、というか、どうせ言ってもわかんないから…と支持自体を諦めてしない節がありましたが、今日の体験を通して、意外に、人の話、聞いてる?!と気付かされた一時になりました(*^^*)

昨日、金スマで、書道家の金澤翔子さんの特集がありました。
翔子さんはダウン症の書家ですが、72歳になるお母さんと二人三脚で翔子さんは有名な書家になりましたが、翔子さん30歳を機に、翔子さんは一人暮らしを始めたとのことです。

お母さんは翔子さんが自立したい、一人暮らしをしたい!との申し入れに、そんなことは無理!!必要もない!!との考えでしたが、自分の方が先に死んで行く訳で、自立の助けが出来るうちにさせようと、実家から5分のところではありますが、セキュリティのしっかりしたマンションを借りて(障害者がマンションを借りる事自体、大変だったみたいです。なかなか貸してくれるところが少なくて…)
一人暮らしを始めました。

銀行でお金を下ろしたり(生活費は三万円、1回に下ろす金額は3000円と決めたそうです)自炊、掃除など、よほど私より立派!!とびっくりするような暮らしぶり!!

夜、孤独に耐えられなくなったらと、お母さんと決め事に、寂しくなったら月をお互い見る。月と交信しよう!と提案(ステキ☆)

途中、ポストのダイアル式の鍵が開けられず困ってしまうシーンや、取り出した郵便物に電気代の請求書があっても、電気にお金がかかっていることもわからなかったので、見なくって、電気が止められてしまったり…(;´Д`)

アクシデントもありながら、それらもちゃんと理解して、一人暮らしも一年近くたつそうです。

自家に戻るのも、書道の稽古に行く時だけで、帰らないそうです。

翔子さんが突然実家に来たという時は、自分のマンションで自炊したハンバーグをお母さんに食べさせたくて持って来たというエピソードに、私泣けました…>_<…

翔子さんは生まれた時から、変わらず同じ地域に住んでいるので、商店の方だったりご近所とも顔見知りで、地域の方と楽しそうに交流したりお買い物している姿を見て、お母さんも地域の方に助けられてると安心してました。

お母さんの望むところは、一生を通じてのお友達を作って欲しいと仰っていました。

また、お母さんは障害者とはいえ、想像の10倍100倍以上に自立の能力があった事に驚いているとともに、自分が、その可能性を殺してしまっていた、抑制していたと反省しておりました。

この番組を見て、今日のスーパーでの行動に移したってわけでもないのですが、改めて、私がとしたろうの限界を決めては絶対に行けないんだな!と反省しました…

これから、としたろうには色々チャレンジや経験を、どんどん増やしたいです!

[PR]
# by mimoritti | 2017-04-22 22:28 | Comments(0)